決済設定

決済方法を設定します。

BtoB決済サービスや、クレジットカード決済については下記のページをご覧ください。
なお、各決済サービスに関するよくあるご質問については、よくあるご質問 ~決済サービス編~をご覧ください。

 

【BtoB決済サービス】

 

【クレジットカード決済】

 

使用しない決済方法の設定や、会員に許可しない決済方法を設定します。
各種設定 > 決済設定 ページを開きます。

 

 

設定方法

 

 

全ての決済方法において、『有効・無効』の切り替えと『新規会員の決済を有効にする』の選択肢があります。
2つの設定の違いを把握しておきましょう。

 

1有効・無効の切替

「有効」にすると、注文手続きページにて「お支払い方法」の選択肢として表示されます。

「有効」にしても、会員情報編集 にて決済方法を認められていない会員には選択肢が表示されません。

「新規会員の決済を有効にする」でのチェックの有無は、あくまで新規申請者に認める決済方法ですので選択肢の表示には直接の関係はありません。
例えば、全ての決済を『有効』にしていても、「新規会員の決済を有効にする」に一つもチェックがついていなければ、会員は登録時の状態では決済方法がありません。これは会員情報編集にて、「決済方法」のどれにもチェックが入らない為です。

2「新規会員の決済を有効にする」について

新規申請者に認める決済方法にチェックを入れます。
全新規申請者に適用されます。既に会員になっている会員には適用されません。
会員情報編集に反映されます。管理側の設定の為、一般画面には表示されません。

Paid(後払い)に新規会員の決済を有効にするを入れると、以下の文が会員登録フォームにて表示されます。
「当サイトではPaid(後払い)を導入しており、個人の方ならびに営業実態が取れない法人・個人事業主の方はお断りさせていただいております。Paid規約をご確認のうえ、確認画面におすすみください。」

会員毎に、決済方法の変更も可能です。
会員管理 > 会員一覧 > 会員情報編集 にて編集できます。

『有効・無効』で表示の切り替え、『新規会員の決済を有効にする』は新規の会員に関わる事、として把握してください。

各項目の設定

各決済方法毎に設定していきます。

 

 

1銀行振込 銀行振込に関する情報です。「振り込み先情報」は一般画面には表示はされません。
2代金引換 代金引換の設定です。有効にする際は、忘れずに代金引換手数料設定で金額を設定してください。
3クレジットカード決済

クレジットカード決済のサービスをご利用いただくには各運営会社との契約が必要です。Bカート契約時に、どのサービスをご利用するかを選択できます(後から変更も可能です)。画面に表示されるのは、必ずどれか一つとなります。

ゼウスの場合はこちらを参照してください。
PGマルチペイメントサービスの場合はこちらを参照してください。
ペイジェントの場合はこちらを参照してください。
Paypalの場合はこちらを参照してください。

4自社掛払い 自社掛払いを設定します。決済手数料を、お客様負担にする事も可能です。必要な場合に有効にしてください。
お客様毎に手数料を設定する事はできませんが、受注情報編集ページにて手数料を変更する事により対応可能です。
5後払い

後払い決済サービスをご利用いただくには各運営会社との契約が必要です。

Paidの場合はこちらを参照してください。
NP掛け払い(旧FREX B2B後払い)の場合はこちらを参照してください。
クロネコ掛け払い(旧:クロネコあんしん決済サービス)の場合はこちらを参照してください。

6カスタム項目

ほかに、指定したい決済方法があればご利用ください。項目名はご自由に設定できます。空欄のまま「有効」にした場合、「カスタム」という項目名が関連する箇所で表示されます。

設定された項目名が反映される項目
は、会員情報の編集、帳票の出力、受注メール受注情報の編集に反映されます。また、一般画面の注文フォーム、その際の自動送信メール、マイページの注文履歴に反映されます。

会員エクスポート会員インポート、受注一覧のCSVエクスポートにおいては、「カスタム」という項目名でエクスポートされ、インポートも「カスタム」という項目名にする必要があります。

カスタム項目2

基本的には上記の「カスタム項目」と同様の機能ですが、こちらには追加で質問項目を設けられます。

例えば項目名を「コンビニ決済」とした時、どのコンビニで支払いするかの設問を設ける、などのケースにも使用できます。また、この質問を必須にするかどうかも設定できます。

『有効・無効』で表示の切り替え、『新規会員の決済を有効にする』は新規の会員に関わる事、として把握してください。