商品オプション

商品ごとに名入れやのし対応など商品ごとの付加情報として活用いただける他、B2Bならではの「客先商品番号」等の登録にもご利用いただける機能となります。

 

目次

 

【1】商品オプションの作成と管理

 

商品オプションの一覧

作成した各商品オプションを一覧で確認ができるほか、『新規項目登録』より新しく商品オプションの作成が可能です。
作成可能な商品オプション数は最大で10件となります。

 

 

各設定項目

 

 

項目名

任意の項目名を設定できます。

状態

「有効」か「無効」の切り替えが可能です。※「無効」の場合、一覧画面では背景が赤色になります。
「有効」にした場合、以下の設定が反映されます。

 

◯管理画面
(1)商品一覧 > セット編集 に 商品オプションが追加され、編集できるようになります。
(2)受注一覧・出荷一覧・見積もり一覧にて検索ができるようになります。
(3)カスタムCSVならびに標準CSVの項目に項目が追加されます。


◯一般画面
(1)商品詳細ページにてオプションが追加できるようになります
(2)帳票、マイページ、メールにそれぞれ記載がされます。

フォームタイプ

無効
項目自体が、セット編集ページならびに一般画面にて表示されなくなります。

テキスト
任意の文章で入力してもらいます。

テキスト(複数行)
任意の文章で入力してもらいます。上記の「テキスト」よりもたくさんの文字を入力し、確認できます。

ドロップメニュー
値と表示名を入力します。
「表示名」は、一般画面・管理画面の会員情報に表示される文字列になります。
「値」は、データベースに保管する文字列になります。CSVデータとして出入力する際にはこちらの文字列を使用します。
 例:値を『jp』、表示名を『国内でのみ販売』とすると、CSV出入力の際には『jp』の記述で済む事になりますが、『国内でのみ販売』と表示されます。
特に例のような略語を使用しない場合、同じ文字列を使用される事をおすすめします。

チェックボックス
上記のドロップメニューの入力と同様です。

ラジオボタン
上記のドロップメニューの入力と同様です。

入力確認

入力を必須にするかどうかの設定を行います。なお、『フォームタイプ』にて【テキスト】を選択頂いた場合は、利用できる文字種の制限文字数・値数のご選択をいただけます。

 

◯文字種別が『文字』の場合
文字数の制限を設定いただくことが可能です。

 

◯文字種別が『数字』の場合
値の制限を設定いただくことが可能です。

単位

入力フォームの最後尾に記載がされます。必要に応じて設定をしてください。

説明

商品オプションごとの説明欄です。HTML記述も可能ですので必要に応じてご利用ください。

表示優先度

セット情報編集、ならびに一般画面の商品詳細ページで表示された際の表示優先度です。

 

【2】商品オプションを有効にした場合の表示

商品オプションが「有効」の場合の管理画面と一般画面でのそれぞれの表示方法をご紹介します。

 

管理画面での表示

作成した商品オプション項目は、商品管理 > 商品一覧 > 各商品の【セット編集】にてご確認いただけます。
商品ごとに利用させたい商品オプションにチェックを入れることで一般画面へ表示されるようになります。
また、受注一覧の【絞り込みオプション】にも項目が追加されますので、検索の対象として利用することも可能です。

 

 

 

一般画面での表示

作成後、管理画面で設定が完了した商品オプションは、商品詳細ページにてお客様に入力いただけるようになります。
また、受注(または見積もり)完了後に送られるメールに記載がされるほか、マイページの各履歴にも表示がされます。

 

 

PC表示にてクイックオーダーならびに発注CSVをご利用いただいた場合、商品オプションが含まれる商品の注文はいただけませんので予めご注意ください。

 

発注リストに関して、同一商品で商品オプションの内容を変えてリストを作成された場合でも、発注リストにはオプションごとの登録はされせんのでご注意ください。
※注文履歴からのご注文も同様の仕様となります。