会員インポート

編集した会員情報をインポートします

編集した会員データを読み込み、新規会員登録・会員情報の変更などを一括で行います。

 

 

CSVファイルとは

データ交換用のフォーマットです。
データをカンマ(“,”)で区切って並べたファイル形式で、データの編集や保存、異なったソフト間でのデータをやりとりに使います。
通常、編集は表計算ソフト(LibreOfficeやOpenOfficeやExcel等)で行えますが、テキストとして編集しても問題はありません。
編集の際の区切り文字を「,」(半角カンマ)で入力する点にご注意ください。
Excelを使用する際、Excelの機能により文字列が自動で変換される場合がありますので十分ご注意ください。

 

CSVインポートでエラーとなる例・概要について

Bカートから出力したCSVファイルにおいて、Excelで開いた場合に【更新日時】や【販売期間】
【JANコード】等の長い数値の記載されている項目の表示形式が、スラッシュ区切り( / )や、省略形式(…E+12)など、
インポートできない形式でのデータ保持となってしまうケースがございます。

 

その際に「インポート可能な形式」で開くことができるようになる、
CSVインポート時の表示形式の調整方法もご紹介しておりますので、ご参考いただけますと幸いです。

 

※Excelにおける表示形式のうち、【「数値」に関連する項目を、指定形式で表示する】部分に焦点を当てた方法となる為、
 下記方法で、すべての項目がインポート形式で正常に表示されることを保証する内容ではございません
 「数値」以外の項目では通常の表記ではない形式となってしまう可能性もございますので、ご了承の上、ご活用頂ければと存じます。

 

エクスポートとは

一言で言えば、データの取り出しです。CSV形式として取り出します。保存・編集・印刷も可能です。

 

インポートとは

エクスポートした(または編集した)ファイルを、データベースに上書きする事です。

 

 

ファイルを編集し、インポートする

会員管理 > 会員インポート ページを表示します。

 

 

1ファイルを選択 編集したCSVファイルを選択します。
2インポート csvファイルを指定後、『インポート』を押しましょう。確認画面へ進みます。
※インポートを行う場合は必ず、会員エクスポートにてバックアップを行ってください。

 

更新日時 の項目は、<新規登録>・<更新>で空欄インポートを行った場合、
必ず【 0000-00-00 】の形式でインポートされます。

 

更新時に、すでに登録されている情報をそのまま維持したいという場合は、
エクスポート後に、該当情報を保持したままインポートを行う必要がございます。

3CSVファイル仕様書
のダウンロード

「会員CSV仕様書.xlsx」がダウンロードされます。

会員CSV仕様書.xlsx
項目の説明を、それぞれ詳細に記載しています。サンプルデータも入っていますので、見比べてご利用ください。

4CSVファイル雛形
のダウンロード

インポートするファイルのひな形をダウンロードできます。
ダウンロードしたファイルに入力項目について記載されていますので、この形式に従い、編集していきましょう。
※ファイル名を変更しても問題ありませんが、半角英数字で入力してください。

 

確認して、決定する

確認ページへ進みます。

実行 問題がなければ『実行』を押します。インポートが実行され、結果が表示されます。
戻る 中止したい場合は『戻る』を押します。
エラー CSVファイルの内容に、間違いがあった可能性があります。詳細なエラーメッセージが出ますので、ご確認ください。

更新されたレコード数・新規会員登録数・更新会員登録数・会員削除数が表示されれば完了です。

 

何かの要因で一行ずれて編集されただけでも、全く違う会員と取引してしまう事態もあり得ます。
必ず会員エクスポートにてバックアップをとる事と、インポート後は変更内容に間違いがないかご確認ください。
尚、データに関わる操作ミスについては、弊社では責任を負いかねますのでご了承ください。