出荷一覧

出荷一覧ページでは出荷情報・対応状況の確認・帳票の作成・各種CSVのダウンロード等、出荷データを元にしたメールの送信が可能です。

 

 

事前の設定

利用する際は、管理画面>各種設定>オプション設定の出荷一覧機能にて「利用する」を選択してください。

 

 

「利用する」で更新をしたあと、ログインをし直していただくと設定が反映されます。
反映後は下記のように管理画面の受注一覧ページに「出荷一覧」が追加されます。出荷情報の操作については、各項目を参照してください。

 

 

出荷一覧画面の見方

 

ボタンの機能

1出荷絞り込みオプション 検索条件を指定して表示させます。出荷絞り込みオプションでも、
受注一覧の絞り込みオプションと同様に「受注情報」「配送情報」「商品情報」のいずれかから、
検索する条件項目を選択することが可能です。※一部項目は部分検索が可能です。
各対応状況ごとの絞込みは、最上部の対応状況ボタンで簡単にできます。
2対応状況 対応状況を変更できます。受注番号が同じ出荷情報に関しては一括で変更が反映されます。
3詳細 出荷管理番号をクリックすることで、出荷の詳細情報を確認できます。出荷内容の編集も、こちらから行います。
4チェック CSVエクスポートや一括で対応状況の変更など行う際、先に必要な出荷にチェックを入れる必要があります。
上部の薄いグレーのバーの所のチェックを入れると、一覧に表示されている全ての行にチェックが入ります。
5発送状況(個別変更) 該当の出荷情報の「発送状況」を、個別で変更できます。ドロップダウンリストから選択し、変更確定するとその受注にのみ反映されます。
※ 「発送済」にすると、発送日に本日の日付が入ります。
一括で変更する場合は、10発送状況(一括変更)の手順を参考にしましょう。
6メモ 各出荷情報にたいして出荷メモがある場合は記入してください。
7CSVをダウンロード

チェックを入れた出荷情報をCSV形式でエクスポートします。出荷に関する情報を一覧にしてダウンロードできます。

詳しくは、このページの下段の「CSVエクスポートの使い方」をご覧ください。

8帳票PDF作成 チェックを入れた納品書・自由項目で作成された帳票をPDFファイルで書き出します。
9メールの送信 チェックを入れた会員にメールを送り各お知らせをします。
※ メールアドレスが無い受注には、送信できません。
10発送状況(一括変更) チェックを入れた出荷情報の「発送状況」を、一括で変更できます。ドロップダウンリストから選択し、変更確定すると、チェックの入った情報全てに反映されます。
※ 「発送済」にすると、発送日に本日の日付が入ります。
11一括で対応を変更 チェックを入れた出荷情報の「対応状況」を、一括で変更できます。ドロップダウンリストから選択し、変更確定すると、チェックの入った情報全てに反映されます。対応状況が『決済未完了(クレジット)』の場合は、誤って変更しないようチェックが外れます。もし『決済未完了(クレジット)』を変更したい場合は、個別に対応状況を変更してください。

手際の良い使い方

一覧画面では、なるべく簡単にエクスポートや帳票の発行がなされるような仕組みになっております。使用方法の一例として、解説いたします。いちばん上の画像をご覧ください。

チェックを入れた行に対して、ボタンの機能で操作を行います。覚えるポイントは2つだけです。

  • 4のチェック、もしくは上部の薄いグレーのバーのチェックを入れます。
  • 7891011いずれかのボタンを押すと、チェックが入った全ての行に対して動作します。

という2つのポイントのみです。上部の「出荷絞り込みオプション」と組み合わせで、より活用いただけます。たとえば、

  • 絞り込みオプションの「新規注文」を押す
  • 4のチェック、もしくは上部の薄いグレーのバーのチェックを入れます。
  • 8帳票を作成の操作で、新規の受注に対しての帳票発行が行えます。

 

CSVエクスポートについて

CSVエクスポートによって、管理や確認が効率的に行えます。

出荷の管理に 絞り込んでエクスポート(書き出し)する事で、様々な条件で一覧表を作成できます。Excelなどの表計算ソフトで開けますので、そちらで保存や印刷も可能です。
外部連携に合わせた取り込みデータの抽出に 連携済みの外部サービス内に取り込めるデータをボタン一つで抽出可能です。また連携されていない外部サービスでも「カスタムCSV」をご利用いただくことで活用することができます。
出荷先ごとの納品書を作成 受注単位ではなく、出荷単位での納品書の作成が可能です。

7のボタンを押すと、下のようなウィンドウが表示されます。

 

1Bカート
出荷データCSV(標準)
Bカートの機能で保存している出荷データを全項目エクスポートします。内容は、カスタムCSV設定にて全ての項目を選択した場合と同様になります。
2B2用取込みデータCSV

ヤマト運輸株式会社の提供する送り状発行ソフト、B2用のCSVをエクスポートします。Bカートには存在しないB2用の各項目は、それぞれ内容を選択してください。

詳しくは、クロネコB2用CSVの設定をご覧ください。

3e飛伝Ⅱ用CSV

佐川急便株式会社の提供する送り状発行システム、「e飛伝Ⅱ」に取り込むためのCSVをエクスポートします。
e飛伝Ⅱ用CSVについての詳細は、e飛伝ⅡCSVをご覧ください。

4ゆうぷりR用CSV

日本郵政株式会社の提供する送り状発行システム、「ゆうプリR用」に取り込むためのCSVをエクスポートします。
ゆうぷりR用CSVについての詳細は、ゆうぷりRⅡCSVをご覧ください。

5iwms x5用CSV

株式会社フレームワークスの提供するWMSシステム、iWMS X5に取り込むためのCSVをエクスポートします。

6ロジザードZERO 通販・卸用CSV

ロジザード株式会社の提供する「ロジザードZERO」に取り込むためのCSVをエクスポートします。

7カスタムCSV あらかじめカスタムCSV設定をしておく事で、業務に必要な項目のみをエクスポートすることができます。選択した瞬間、ダウンロードが始まります。一度設定しておくと、こちらの方が活用しやすい内容となるでしょう。
文字化けする場合は、文字コードを「Shift-JIS」にしてファイルを開く等、文字コードを変更してお試しください。