HTMLでの記述

HTMLの使用方法について

HTMLで自由にページを記述することができます。

デザインをさらにカスタマイズしたい場合は、ぜひご活用ください。
また、テーマ選択によってもイメージが変わりますので、先にテーマを決められる事をお勧めします。

  • オリジナルのHTMLページ作成は承っておりません
  • HTMLの記述内容に関するお問い合わせは受け付けておりません
  • 表示が崩れた際のサポートは致しておりません。※表示が崩れた場合でも、HTMLを修正または削除すれば元に戻ります。
  • カスタムCSS機能と同じく、HTMLの使用については自己責任にてご使用ください。
  • javascriptの記述は可能となっておりますが、詳細についてのサポートは行っておりません。
  • 1つの欄(自由ページやフリースペース等)に記述できる量は65535byteまでとなっております。
  • 自由ページ等の場合でも、phpの記述はできません。
  • 画像のリンクパスは、『uploads/(ファイルマネージャーで取得できるパス)』にて表示されます。
    ※ 自由ページでのパスのみ、『../uploads/(ファイルマネージャーで取得できるパス)』にて表示されます。

HTMLにはたくさんのタグがあり、当ページにて全てを紹介することは出来ません。

以下にて紹介させていただくタグはごく一部となりますので、より深くカスタマイズしたい場合には

紹介サイトや書籍も多くありますので、お調べくださいますようお願いいたします。

HTMLタグ使用例

HTMLは「<タグ名>」~「</タグ名>」と入力して文字の前後を囲う事により、 太字にする、文字の色を変更する、といった装飾をすることができます。

テキスト系
文字を
太くする

〇任意の文字を太字にすることが出来ます。

 

【コード例】

<b>Bカート</b> → Bカート

 

 

〇任意の文字を強調し、太字にすることが出来ます。

 文字の意味を強調するのでSEO対策としても使用できます。

 

【コード例】

<strong>Bカート<strong> → Bカート

文字色を
変更する

#0000ffや#000000などの「カラーコード」を使用し、

文字の色を任意で変えることが出来ます。

※「カラーコード」は検索いただくとたくさんの参考サイトがありますのでぜひお調べください。

 

【コード例】

<font color=”#0000ff”>Bカート</font> → Bカート

文字の大きさを
変更する

フォントサイズを指定し、文字を任意の大きさにすることが出来ます。

 

【コード例】

<font size=”4″>Bカート</font> → Bカート

取り消し線を
つける

取り消し線を付けることが出来ます

 

【コード例】

<del>Bカート</del> → Bカート

下線を引く

下線を引くことが出来ます

 

【コード例】

<u>Bカート</u> → Bカート

二重下線を
引く

二重下線を引くことが出来ます

 

【コード例】

<font style=”border-bottom:3px double 任意のカラーコード”>Bカート</font> → Bカート

改行する

文章を改行することが出来ます。

 

【コード例】

B<br>カート→ B
          カート

 

画像・動画系
画像を
表示する

指定した画像が表示されます。

 

【コード例】

<img src=”画像の置いてあるパス/ファイル名.拡張子”>

画像サイズを
変更する

画像のサイズを変えることが出来ます。

 

【コード例】

<img src=”画像のファイル名” width=”数字” height=”数字”>

画像にカーソルをあてると
説明文が表示される

画像に説明文がつきます。

 

【コード例】

<img src=”画像のファイル名” title=”画像の説明文”>

画像に
枠を付ける

画像に枠がつきます。

 

【コード例】

<img src=”画像のファイル名” border=”数字”> 

ページにリンク付き画像を表示する

指定したパスへリンクした画像を表示します。

 

【コード例】

<img src=”画像の置いてあるパス/ファイル名.拡張子”><a href=”リンク先のパス”>

動画を
埋め込む

動画を埋め込むことが出来ます。

 

【コード例】

<video controls src=”動画のパス”></video> → 再生/停止など調節可能

<video autoplay src=”動画のパス”></video> → 自動再生

 

リンク系
指定のページに飛ぶ

文字や画像にリンクを付けることが出来ます。

 

【コード例】

<a href=”URL”>Bカートサービスサイト</a>

<a href=”URL”><img src=”画像の置いてあるパス></a>

Bカートサービスサイト

カーソルをあてると
説明文が出るリンク
カーソルをあてるとリンクの説明文が表示されまようにできます。

 

【コード例】

<a href=”https://bcart.jp” title=”説明文を記入することが出来ます”>Bカートサービスサイト</a>

Bカートサービスサイト

リンク先を別タブで開く

リンクを別タブで開くことが出来ます。

 

【コード例】

<a href=”https://bcart.jp” target=”_blank” rel=”noopener”>Bカートサービスサイト</a>

Bカートサービスサイト

 

様々なタグを応用して、納得のいくサイトに仕上げましょう。
BカートではカスタムCSS機能」によって、さらにデザインを変更できます。

HTMLのタグよりも、CSSに記述した方がデザイン管理が楽な場合もありますのでお試しください。