Re:lationの設定

Re:lationの顧客対応システムをご利用いただくには、別途『 株式会社インゲージ 』の運営するRe:lationとの契約が必要になります。

各種設定 > 外部連携ページの顧客管理(Re:lation)の項目を見てみましょう。

 

目次

 

【1】設定方法

設定に必要な情報はRe:lationの管理画面よりご確認をいただけます。

利用設定 「利用する」に切り替えると、連携が有効になります。
サブドメイン Re:lation のアプリページのURL (http://【subdomain】.relationapp.jp/) の【subdomain】の部分を入力してください
受信箱ID Re:lation側管理画面の[システム設定] > [受信箱] から確認できる『受信箱のID』を入力します。
※システム設定画面の閲覧ができるのは『アカウントオーナー』という契約全般にかかわる権限を持つ方のみとなります。

 

【一般のユーザーが受信箱IDを確認する場合】
Re:lation側管理画面の各受信箱ページを開いた際に表示されるURL内の#以降に記載された数値が受信箱IDとなります。
例:https://◯◯◯/#/1/tickets/open/・・・・
検索に用いる項目 Re:lation側管理画面にて検索の際に用いる項目の指定が可能です。※複数指定可

 

◯メールアドレス
Bカートにて登録されているメールアドレスを検索項目として利用できます。
◯電話番号
Bカートにて登録されている電話番号を検索項目として利用できます。
◯顧客コード
Re:lation側管理画面にて任意で設定された顧客コードと同様の内容を、
Bカート側管理画面にも設定
いただくことで検索項目として利用できます。
設定に利用できるBカート側の項目は『貴社独自会員ID』または『会員カスタム項目』のいずれかになります。

以上で、Bカート側の設定は完了です。

【2】利用方法

設定が完了すると会員詳細、会員一覧、受注詳細、受注一覧ページにそれぞれRe:lation側の管理画面に遷移するボタンが表示されるようになります。
各ボタンをクリックすることでRe:lationの画面が立ち上がり、操作が可能になります。

会員詳細の場合

 

会員一覧の場合

 

受注詳細の場合

 

受注一覧の場合

 

検索に用いる項目に関して、会員詳細ページで検索に用いられるのは会員情報、受注詳細ページで検索に用いられるのは受注情報になります。
それぞれの情報を書き換えた場合は、その書き換えられた値が検索に用いられる項目の対象となります
番号、メールアドレス、顧客コードすべて同様の仕様となりますのでご了承ください。