CSVインポート時の表示形式について

エラーとなる例・概要について

Bカートから出力したCSVファイルにおいて、Excelで開いた場合に【更新日時】や【販売期間】
【JANコード】等の長い数値の記載されている項目の表示形式が、スラッシュ区切り( / )や、省略形式(…E+12)など、
インポートできない形式でのデータ保持となってしまうケースがございます。

 

こちらのページでは、その際に「インポート可能な形式」で開くことができるようになる、ファイル自体の開き方をご案内させて頂きます。

 

※Excelにおける表示形式のうち、【「数値」に関連する項目を、指定形式で表示する】部分に焦点を当てた方法となる為、
 下記方法で、すべての項目がインポート形式で正常に表示されることを保証する内容ではございません
 「数値」以外の項目では通常の表記ではない形式となってしまう可能性もございますので、ご了承の上、ご活用頂ければと存じます。

 

 

インポートの形式について

Bカートから出力したCSVファイルをインポートした際に、「【基本】更新日時の形式が、正しくありません。」といった内容のエラーが出て、インポートを行えない場合があります。
この際、該当項目を確認頂くと、以下のような形式となっている状態です。

 

 

正しい形式でのインポートであれば、正常にインポートを行うことが可能ですが、
Excelでのデフォルトの表示形式となっている為、CSVファイルの開き方をご変更頂く必要がございます。

 

以下、Excel上での手順となりますので、同様のエラーとなる際はご参考頂けますと幸いです。

 

上記エラーは、以下の項目でも同様に発生する場合がございます。

 

    【基本】販売開始日時
    【基本】販売終了日時
    【基本】更新日時
    【基本】JANコード
    【セット】更新日時

 

日付の含まれる項目の場合、Excelの仕様として【 / 】(スラッシュ)区切りで表示されるため、エラーとなり、
長い数値の含まれる項目の場合は、(…E+12)など省略形式で保持・上書きされてしまう場合がございます。

 

 

 

Excelでの開き方

 

 

1Excelファイルを新規(空白のブック)で開く Excelファイルを開いたあと、メニュー内の【 データ 】タブより、
データの取得 > 従来のウィザード > テキストから(レガシ)をクリックすることで、インポートするファイルを選択する画面を開く事が出来ます。

 

データのタブ内に「テキストから(レガシ)」が表示されない場合、Excel上自体で設定されていない可能性がございます。
以下の手順にて、「レガシ データ インポート ウィザードの表示」の項目に、「テキストから(レガシ)」にチェックが入っているかをご確認下さい。

 

 

 

従来のExcel(Excel 2016 や Excel 2019 以外)では、『データ』タブ ⇒ 『外部データの取り込み』 ⇒ 『テキストファイル』で、
テキストファイルウィザード』を表示させることが可能です。

 

※Excelに『外部データの取り込み』が無いときは、同じ機能を『Excelのオプション』で出すことができます。
(『従来のウィザード』という名前で表示されます。)

2ファイルの選択 ポップアップ画面で貴社利用中PCのフォルダが開きますので、指定ファイルを選択し、インポートをクリックします。

 

 

 

3データ形式を選択 インポートを行うと、テキストファイルウィザードが開きます。
カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」にチェックが入っていることを確認し、【 次へ 】をクリックします。
4区切り形式の選択 遷移後の選択では、「区切り文字」の項目には【 タブ 】にチェックが入っていますので、【 カンマ 】に変更して、【 次へ 】をクリックします。
※この際、【 タブ 】のチェックは外して頂いて問題ございません。
5列のデータ形式の選択 こちらも同様に、遷移後の選択では「列のデータ形式」の項目は【 G/標準 】にチェックが入っています。
データのプレビューにて、全項目を選択してから、「列のデータ形式」の項目を、【 文字列 】に変更して、【 完了 】をクリックします。

 

※データがすべて選択されていれば、プレビューは全項目の背景が黒く表示されます。
一番右側までプレビューをスライドさせて、「Shift」キーを押しながら最後の項目をクリックすると、全選択の状態とすることが出来ます。

 

Excelで開こうとするファイル内のデータにHTML等が含まれている場合、ファイル内のデータ内容の位置がずれてしまう場合がございます。
あくまで、指定形式以外の形式で表示される数値に対して有効な手段となり、Excelでの完璧な表示を保証するものではございませんので、ご理解を頂けますと幸いです。