見積一覧(旧)

見積機能について

受注の代わりに見積もりとして受け付け、受け付け内容を見積書を発行する機能です。この機能は各種設定 > オプション設定 にて、「見積機能」を有効にした場合のみ使用できます(有効にしない場合、メニューに表示されません)。
見積書は、管理画面からだけではなく会員のマイページからも発行できます。また、受け付けた見積もりは編集も可能で、その見積もり内容を元にそのまま受注もできます。

会員が見積りをとる流れ

一般画面から見積りを受け付けます。各種設定 > オプション設定 にて「見積機能」を有効にすると、カートページで「注文へ進む」ボタンのとなりに「見積りへ進む」ボタンが表示されます。

「見積りへ進む」ボタンを押した後は、基本的に通常の発注時と同じように確定まですすんでいきます。
見積りでは決済はされませんので予定しているご決済方法を選択していただくことになります。

見積りを確定させると、「お見積り完了」のページへうつります。この際、受注と同様にメールも送信されます。
ここで、今作成した見積りを見積書としてPDFで出力できます。基本的には請求書と同じ内容ですが、見積りの場合は有効期限も併記されます。

作成した見積りは会員のマイページで閲覧でき、1見積書の発行ができます。見積もり期限が切れていなければ、この情報でそのまま2受注へと進めます。

見積り期限が過ぎた場合、「注文へ進む」ボタンが消え、この見積りでは発注できない状態となります(管理画面では期限に関わらず見積りから受注できます)。

ほとんどは受注と同様の情報で受け付けることになります。

管理画面で見積りを扱う

一般画面から受け付けた見積りは、管理画面で確認できます。管理画面では、見積り内容の編集、見積りをとった会員への、メール送信、見積書の発行、そのまま受注に追加などの操作が行えます。

一般画面から受け付けた見積りは、受注管理 > 1見積一覧 にて表示されます。ほとんどの操作は受注一覧ページで行えるものと同一です。主な操作方法は受注一覧の解説をご覧ください。
※ 「見積一覧」は各種設定 > オプション設定 にて「見積機能」を有効にした場合のみ表示されます。
見積りの機能でのみできる動作は以下の通りです。

2受注する 「受注する」をクリックすると、この見積もり情報が受注へと追加されます。
ここで「受注する」をした場合、外部決済は行われません。会員のマイページから、「注文へすすむ」を押して発注を完了してもらってください。また、在庫は見積り時には変動せず、受注した際に初めて変動します。

見積りの詳細ページで行える事は、受注の編集とほぼ同様です。以下の点だけ、項目が増えています。

見積りの有効期限は、あらかじめ「発行日より○日間」という形で指定しておけますが(オプション設定参照)、見積りの編集ページでは任意の日付に変更することができます。
※ 受注確定後は、変更できません。

見積りの変更について

管理画面では見積り内容の変更が自由にできますが、同じ見積書の内容を変更したくない場合は「複製」機能をお使いください。

複製後、内容を編集し「メール送信」ボタンで見積もりが出来上がったのでマイページからダウンロードするようお知らせする、もしくはPDFで見積書を作成するなどの見積り対応をしていきます。